講師紹介

代表理事

池川明(いけがわ あきら)

1954年、東京都生まれ。帝京大学医学部卒・同大大学院修了。医学博士。上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、89年、神奈川県横浜市に池川クリニックを開設。出生前・周産期心理学協会(APPPAH、The Association for Pre‐&Perinatal Psychology and Health)の日本における元アドバイザー。99年より「胎内記憶」に関する研究を始め、2001年9月、全国の保険医で構成する保団連医療研究集会で「胎内記憶」について発表。メディアに取り上げられ注目を集める。現在、お産を通して、豊かな人生を送ることができるようになることを目指し、日本のみならず北アメリカ、EU、台湾など世界各地で講演会を行なっており、世界的にも胎内記憶研究の第一人者として知られている。著書『子どもは親を選んで生まれてくる』(日本教文社)は日本文芸アカデミー賞ゴールド賞を受賞。他には『ママのおなかをえらんできたよ。』(リヨン社)、『子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。』(青春出版社)、『胎内記憶でわかった 子どももママも幸せになる子育て: 「もって生まれた才能」の伸ばし方』(誠文堂新光社)など多数。

ikegawa - 一般社団法人日本胎内記憶教育協会とは

副代表理事

土橋優子(つちはし ゆうこ)

1972年神奈川県生まれ。玉川女子短期大学・幼児教育科卒。立教女子短期大学・幼児教育専攻科卒。幼稚園教諭。保育士。1994年スコーレ育児カレッジを開設し、1997年幼児教室スコーレとの統合化を図り、創業40年の幼児教室スコーレ代表取締役となる。通常幼児教育の施設では、大人の視点で運営がなされているが、スコーレでは0歳~6歳の子どもたちから直接意見や希望を聞き、子どもたちの視点に立った施設運営を実現。喋れない年齢の子どもから話を聞くために、現場で24年間子どもたちと触れ合う中で磨いた“響き”の感性を生かし、2008年から株式会社ユニバーサル・ブレイン取締役となり、「ベビー手話」という表情+視線+手の動きを使ったコミュニケーション方法に取り入れた研究開発にも携わる。自身も胎内記憶を持つうえ、乳幼児の教育に携っている中で、胎内記憶へのアプローチを踏まえた育児の必要性が高まっていることを実感。大人ではなく子ども主体の育児法を提唱・実践している。

株式会社スコーレ代表取締役/スコーレ統括指導員/ベビー手話認定講師Class1。

 

tsuchihashi - 一般社団法人日本胎内記憶教育協会とは

 

ラーキンス真悠子

ハワイ在住14年目、一般社団法人日本胎内記憶教育協会の公認認定講師。US胎内記憶教育協会主宰。2008年にそれまで勤務していた旅行会社からLビザでハワイ移住。ワイキキ内ホテルマネジャーを経て、現在もフルタイムで働きながら、ハワイで8歳6歳3歳の子供をのびのび育てている。自身が妊娠中、既に子供が成人しているママでさえも、出産の時の話を昨日のことのようにしてくれたことに驚き感動。3人子供の出産はすべて異なり、性格も違う。